著作

 

森北出版「身近な環境問題最前線」(1997.12)分担執筆

竹内正雄、益永茂樹、今川隆、山下信義、多賀光彦:「ダイオキシンと環境」地球環境サイエンスシリーズ 第13巻、三共出版 pp.40-66(1999.5)

Robert Larson, Larry Forney, Leslie Grady Jr., M. Klecka, Shigeki Masunaga, Willie Peijnenburg, Lee Wolfe: Quantification of Persistence in Soil, Water, and Sediments, in "Evaluation of Persistence and Long-Range Transport of Organic Chemicals in the Environment" ed. by G. Klecka, R. Boethling, J. Franklin, L. Grady, D. Graham, P. H. Howard, K. Kannan, R. J. Larson, D. Mackay, D. Muir, and D. van de Meent, Chap. 3 (pp. 63-130), SETAC Press, Pensacola, USA (2000)

宮崎章 監修「環境化学物質の最新計測技術」リアライズ (2001.2)、第2章 第3節 3 ダイオキシンおよびその関連物質 p.347-360.

中西準子、蒲生昌志、岸本充生、宮本健一 編集:「環境リスクマネジメントハンドブック」朝倉書店(2003.6)2-3 発生源を見つける(p.77-88), 7-6-4 構造物建造によるリク(p.329-334)

巌佐庸、松本忠夫、菊沢喜八郎、日本生態学会 編集「生態学事典」共立出版(2003.6)一部執筆

佐野浩監修・横浜国立大学環境遺伝子工学セミナー編著:遺伝子組換え植物の光と影Ⅱ 益永茂樹 9 遺伝子組換え植物により生産された化合物 p.139-158 (2003.6)

中西準子、益永茂樹、松田裕之編「演習 環境リスクを計算する」岩波書店(2003.12.25) 益永茂樹:第7章 ダイオキシン類の発生源探索(p.119-138)、第8章 ダムの効用を計算する(p.139-158)

イミダス2006 (最新キーワード事典) 集英社(2006.01.01) 中西準子、益永茂樹:「環境科学」(p.945-949)

イミダス2007(最新キーワード事典) 集英社(2007.01.01) 益永茂樹、松田裕之:「環境科学」(p.856-860)

浦野紘平・松田裕之共編「生態環境リスクマネジメントの基礎~生態系をなぜ、どうやって守るのか」 益永茂樹、:化学物質の生態リスク評価、p. 95-108  オーム社(2007.3.5)

橘木俊詔、長谷部恭男、今田高俊、益永茂樹、責任編集 「リスク学入門1 リスク学とは何か」岩波書店(2007.7.4) 橘木俊詔、長谷部恭男、今田高俊、益永茂樹 共同討論:リスク論からリスク学へ(p.1-53)

益永茂樹、責任編集 「リスク学入門5 科学技術からみたリスク」岩波書店(2007.9.4) 益永茂樹:リスク評価-選択の基準(p.1-9)

平塚彰編著「環境システム-社会・経済・技術-」 電気書院(2007.10.10) 益永茂樹:環境リスクの評価と管理(p. 169-185)

Masunaga S, Nakamura M, Yoshikawa H, Tamada M, Fujii Y, Kaneko N: Bioaccumulation of PCDD/DFs and Dioxin-like PCBs in the Soil Food Web of Fallow Rice Fields in Japan, in Persistent Organic Pollutants (POPs) Research in Asia edited by Masatoshi Morita (2008.10) (Book Chapter)
Zushi Y, Takeda T, and Masunaga S: Contamination of Perfluorinated Compounds in the Six Major Rivers Flowing into Tokyo Bay, in Persistent Organic Pollutants (POPs) Research in Asia edited by Masatoshi Morita (2008.10)  (Book Chapter)

Bommanna G. Loganathan, Shigeki Masunaga: PCBs, Dioxins, and Furans: Human Exposure and Health Effects, pp. 245-253, Chapter 18 in Handbook of Toxicology of Chemical Warfare Agents, Edited By Ramesh Gupta, Academic Press (2009.3)

益永茂樹:リスクアセスメントとリスク管理、日本分析化学会編:環境分析ガイドブック p. 46-48, 丸善(2011.1.20)

韓国語版:中西準子、益永茂樹、松田裕之編「演習 環境リスクを計算する」

Chonnam National University Press(2010.8.10)
ISBN: 9788975988448

Yasuyuki Zushi and Shigeki Masunaga: Temporal Trend of Perfluorinated Compounds from Various Environmental Matrices, in Global Contamination Trends of Persistent Organic Chemicals edited by Bommanna G. Loganathan & Paul Kwan-Sing Lam, CRC Press (August 9th 2011) ISBN: 978-1439838303

Shigeki Masunaga: Historical Trends of Dioxin Sources and Contamination in Japan, in Global Contamination Trends of Persistent Organic Chemicals edited by Bommanna G. Loganathan & Paul Kwan-Sing Lam, CRC Press (August 9th 2011) ISBN: 978-1439838303
真名垣聡、小谷健輔、益永茂樹:環境リスクから見た臭素系難燃剤とリン系難燃剤、難燃剤の最適処方と燃焼試験、第5章 押えておきたい難燃の規格と難燃の評価、第7節、pp. 541-558、技術情報協会(2011.9.30 第1版第1刷)ISBN: 978-4-86104-388-8 C3058
  松原望、美添泰人、岩崎学、金明哲、竹村和久、林文、山岡和枝 編:統計応用の百科事典、丸善出版。益永茂樹:環境リスク評価 p.620-621 (2011.10.31) ISBN: 978-4-621-08397-0
  小池文人、金子信博、松田裕之、茂岡忠義 編著「生態系の暮らし方-アジア視点の環境リスク-マネジメント」東海大学出版会 益永茂樹:ピック5 東アジアにおける大気中の残留性有機汚染物質の分布、p.116-118 (2012.3.20)
  

橘木俊昭、長谷部恭男、今田高俊、益永茂樹 責任編集 新装増補 リスク学入門1 リスク学とは何か、岩波書店(2013.3.19)

橘木俊昭、長谷部恭男、今田高俊、益永茂樹:共同討論2 リスク再定義と再構築-3.11を踏まえて(p. 179-205)

       

橘木俊昭 責任編集 新装増補 リスク学入門2 経済からみたリスク、岩波書店(2013.3.19)

長谷部恭男 責任編集 新装増補 リスク学入門3 法律からみたリスク、岩波書店(2013.3.19)

今田高俊 責任編集 新装増補 リスク学入門4 社会生活からみたリスク、岩波書店(2013.3.19)

---------------

益永茂樹 責任編集 新装増補 リスク学入門5 科学技術からみたリスク、岩波書店(2013.3.19)

益永茂樹:3.11後のリスク学のために 3.11大震災で露わになったリスクに対する無防備-原発事故と低線量被爆(p. 159-171)

 日学新書

毛利衛・進士五十八 責任編集 地球社会の環境ビジョン-これからの環境学-、財団法人 日本学術協力財団 日学新書3(2013.3.25)

内山巌、益永茂樹:化学物質の環境リスクマネジメントとその展開(p. 70-78)

 

Yasuyuki Zushi and Shigeki Masunaga: Spatial Modeling for Elucidation of Perfluorinated Compound Sources and Fate in a Watershed, in Transformation Products of Emerging Contaminants in the Environment: Analysis, Processes, Occurrence, Effects and Risks edited by Dimitra A. Lambropoulou and Leo M. L. Nollet, pp. 775-796, Willy (2014.2) ISBN: 978-1-118-33959-

 

Shigeki Masunaga: Risk Management of Chemical Pollution: Principles from the Japanese Experience, Chapter 14 in Sustainable Living with Environmental Risks edited by Nobuhiro Kaneko, Shinji Yoshiura and Masanori Kobayashi, pp. 167-176, Springer Japan, Tokyo (2014.3) ISBN 978-4-431-54803-4 ISBN 978-4-431-54804-1 (eBook), DOI 10.1007/978-4-431-54804-1

 

韓国語版:橘木俊昭、長谷部恭男、今田高俊、益永茂樹 責任編集 新装増補 リスク学入門1 リスク学とは何か、岩波書店(2014.07.23)

ISBN 13-9788946057043

 

 Bommanna G. Loganathan and Shigeki Masunaga: PCBs, Dioxins and Furans: Human Exposure and Health Effects, Chapter 19 in Handbook of Toxicology of Chemical Warfare Agents, 2nd Edition, edited by Ramesh C. Gupta, Academic Press (2015/2/4) ISBN-13: 978-0-12-800159-2

 

 益永茂樹:第9章 環境分析・モニタリング、第10章 化学物質のリスク評価、坂田昌弘[編著]、磯部友彦、梶井克純、加藤義久、高橋嘉夫、田辺信介、藤江幸一、益永茂樹[著]、エキスパート応用化学テキストシリーズ「環境化学」、p. 185-203, p. 204-223、講談社(2015.10.20
ISBN 978-4-06-156805-1.

Bommanna G. Loganathan, Jong Seong Khim, Prasada Rao S. Kodavanti, Shigeki Masunaga: Persistent Organic Chemicals in the Environment: Status and Trends in the Pacific Basin Countries I Contamination Status, ACS Symposium Series Vol. 1243, American Chemical Society (Online: 2016/12/7)

ISBN13: 9780841231979, eISBN: 9780841231962

DOI: 10.1021/bk-2016-1243

Shigeki Masunaga and Yasuyuki Zushi: Status and Trends of Perfluoroalkyl Substances in Japan with Special Emphasis on the Tokyo Bay Basin, Chapter 7, pp 157−179, in Persistent Organic Chemicals in the Environment: Status and Trends in the Pacific Basin Countries II Temporal Trends, edited by Bommanna G. Loganathan, Jong Seong Khim, Prasada Rao S. Kodavanti, Shigeki Masunaga, ACS Symposium Series Vol. 1244; American Chemical Society: Washington, DC, (Online: 2016/12/7).

doi: 10.1021/bk-2016-1244