研究内容

益永研究室の研究

 益永研究室では、化学物質と環境に関係する研究に幅広く取り組んでいます。具体的には、環境汚染の実態解明、汚染原因の特定、汚染の広がりや将来予測、人や生物へのリスク評価、そして、対策効果のリスク便益に関する研究などです。
 特徴は、単に環境汚染をモニタリングするだけでなく、その結果を解析して、化学物質の環境挙動の機構を明らかにしたり、汚染の原因を特定したり、あるいは、人や生物への影響をリスクとして定量的に評価するなど、化学物質の汚染のシミュレーション、将来予測、あるいは、管理に役立つ情報に加工する環境科学的手法の開発を積極的に進めている点です。研究室の成果はわが国においても広く認められています(参照:研究成果社会貢献)。

 研究土台となる環境モニタリングのための研究設備として、液体クロマトグラフ質量分析装置(LC-MS/MS)、ガスクロマトグラフ-タンデム型質量分析装置(GC-MS/MS)、誘導プラズマ質量分析装置(ICP-MS)などを有し、多様な有機汚染金属類の微量分析が実施できる環境を備えています。また、その試料処理として高速溶媒抽出装置自動ソックスレー抽出装置、多検体濃縮装置なども保有しています。(参照:研究室の実験装置

 調査実験中心とした研究の他、近年は、リスク評価、リスク-便益評価などを中心とした研究にも積極的に取り組んでいます。従って、学生の希望によって、実験調査中心としてデータを自分で取得してそれについて解析を進める研究テーマを選ぶことも、文献資料調査、聞き取り・見学調査によってデータを収集し、それを解析評価することを中心とした研究テーマを選ぶことも可能です。 

進行中の研究テーマ

化学物質のリスク評価、リスク管理に関する研究

マテリアルフロー解析に基づいた化学物質のライフサイクルリスク評価手法の開発 化学物質の生産から廃棄に至るすべてのライフステージからのリスクをもれなく捉えるため、マテリアルフローに基づくリスク評価手法を開発中である。

規制候補物質と代替化学物質との間での環境リスクや環境適合性の比較に関する研究 有害性が指摘されると毒性情報のない化学物質への代替が進むが、本当に人健康や環境に対して有効かは確かめられていないことが多い。このような代替化学物質、代替製品間での適切な選択を支援を目的としています。

マテリアルフロー解析に基づいた化学物質のライフサイクルリスク評価手法の開発 化学物質の生産から廃棄に至るすべてのライフステージからのリスクをもれなく捉えるため、マテリアルフローに基づくリスク評価手法を開発中です。特に情報の少ないリサイクルや廃棄ステージについても、今後取り組む予定です。

異なる毒性情報を持つ化学物質間で公平にリスクを比較する方法の開発 ここの化学物質について知られている情報は、エンドポイントや情報の信頼性などにおいて大きな違いがあります。得られている情報が異なっても公平にリスクを評価するためのツールを研究します。

分解中間産物や不純物など含めた化学物質のリスク評価に関する研究 化学物質の中には環境中で変換分解を受けて生じる物質が親化合物と同等、あるいはそれ以上に毒性などの影響が大きい場合があります。分解中間産物や不純物を含めた測定やリスク評価の方法や事例について検討しています。

化学物質の環境挙動解析に関する研究

パッシブ型大気サンプラー(PAS)を用いた残留汚染(POPs)の環境挙動把握 PASを用いて、東アジア地域、あるいはアフリカの途上国を対象として、PCBなどのPOPsの大気中の濃度分布を測定し、汚染原因や汚染物質の移動を解析しています。 

水環境中で重金属は生物利用性に関する研究 重金属は水環境で多様な形態で存在します。その形態により、水生生物による取り込まれ易さ(生物利用性)が異なり、毒性影響も異なります。生物利用性が把握できれば、影響も正確に予測できます。本研究では実環境での生物利用性の測定と推定方法を検討しています。

生活関連の化学物質の水環境中での存在実態と影響評価 医薬品、化粧品などには多様な生活関連化学物質が使用され、下水道などを通して水環境に排出されています。本研究では、保存料などを対象として、それらの水環境での存在状態や汚染源について研究しています。また、こらら化学物質のモニタリングへのパッシブ型サンプラーの利用についても検討しています。 

フッ素系有機化合(ペルフルオロ化合)の環境挙動と汚染原因解析  ペルフルオロ化合(PFCs)は化学安定撥水、撥油性界面活性など特徴ある性質を有し、日常製品導体製造、泡消化剤など多様な用途使用されてきましたが、地球規模汚染進行していることが判明し、その規制議論されています。しかし、その汚染汚染機構については未解明側面が多く、本研究では、PFCsの非点源汚染実態の解明等に取り組んでいます。

室内空気汚染に関する研究

室内環境における揮発性有機化合物等の存在、および、空気清浄機の効果に関する研究 住いや職場の室内環境での空気汚染状態の把握し、リスク評価行います。また、空気清浄機の効果についても検討します。


過去の研究テーマ(一端終了したテーマ)の例

汚染原因解明に関する研究  環境汚染対策を立てるには原因の特定が不可欠です。また、汚染修復費用負担には汚染原因者の特定が必要となります。ダイオキシンやPCBには数多くの同属体、異性が存在し、その組成情報を用いて汚染原因を特定していくことが可能な場合があります。本研究では、既にダイオキシン類による汚染は、日本全体としては、過去に使用された農薬類に不純物として含まれていたダイオキシン類の影響が大きいことを解明しました。

大気浮遊粒子物質(SPM、PM2.5)の挙動と汚染に関する研究  浮遊粒子物質(SPM)や、その粒径が2.5 μm以下のPM2.5は肺の奥まで侵入することから人の呼吸への影響が大きいことが懸念されています。しかし、日本ではその調査は必ずしも進んでいません。そこで、SPMやPM2.5に含まれる金属、イオン、炭素などを詳細分析し、その発生寄与割合解明を目指しています。

難燃のリスク-便益評価に関する研究  臭素難燃はその健康影響が懸念され、世界的に使用規制が進んでいます。例えば、臭素フェニルエーテルは低臭素体が禁止されました。しかし、難燃火災予防により人命や財産に対するリスクを低減している側面があります。本研究では、これらの間でのリスク-便益やリスク-トレードオフ焦点をあて、禁止措置の妥当検証します

GISを用いた流域環境管理に関する研究  人為活動環境対策河川質にどのような影響を与えているかを、調査と地理情報システム(GIS)を用いた面的な人為活動評価によって解析を進めています。この解析により、詳細河川質や対策効果予測が可能になると期待されます。

魚食のリスクと便益評価  魚はメチル水銀残留性有機汚染含有し、健康リスクが指摘されています。他方、魚は飽和脂肪を含み、心臓などの予防効果があるとされています。悪影響胎児への影響であり、便益は高齢者が受けることを考慮しつつ、健康影響効果を同一の尺度評価することを試み、より有利な魚食形態のアドバイスを目指しています。

環境ストレッサー魚類への影響評価に関する研究

水系におけるエストロゲン女性ホルモン活性物質の存在に関する研究

環境における医薬畜産薬剤の存在と影響耐性菌)に関する研究

トリブチルスズ化合(TBT)の環境中での挙動の解明

ダイオキシン類などによる汚染野生生物に与える生態リスク評価に関する研究

ダイオキシン毒性バイオアッセイによる検出評価に関する研究

PCB代謝の存在と影響に関する研究

東アジア圏における水銀などの金属排出と挙動に関する研究

大気中に微粒と共に存在する非意図的に生成放出された汚染の挙動と影響に関する研究

ダイオキシン類の湖沼への流入堆積に関する研究

残留汚染による世界的な野生生物汚染に関する研究

野生鳥類(カワウ等)におけるダイオキシン汚染と影響の研究