博士修了生 Jonathan Hogarhが客員研究員として滞在

博士修了生 Jonathan Hogarhが客員研究員として、2015年7月8日から2ヶ月間、研究室に滞在しました。

日本学生支援機構の帰国外国人留学生短期研究制度の支援でJonathanが研究室に戻ってきました。現在、ガーナのクワメ・エンクルマ科学技術大学の講師をしていますので、夏休みを利用しての来日になります。博士研究を発展させ、論文を共同執筆するための議論と、試料の分析を益永研究室の装置を使って行いました。2ヶ月はあっという間でした。また、研究交流の機会があると良いのですが。

ガーナへ帰国して早々、Senior Lecturerに昇進できたそうです。頑張っているのだから当然だね。