スエーデンUmeå大学で学士論文審査のFaculty Opponentを勤める。

スエーデンUmeå大学で博士論文審査のFaculty Opponentを勤める。

2015年6月1~6にかけてスエーデン出かけました。Umeå大学のMat Tysklind教授の依頼で、ダイオキシンの汚染源解析をテーマとする博士論文審査会でFaculty Opponentと言う役割を勤めました。初めての経験で、どうしたら良いのかわからない点が多々ありましたが、普通の場合と変わりなかったということで、何とか役割を果たせたようです。貴重な経験になりました。