8月3日に「水環境管理に関する国際シンポジウム」を開催します

YNU国際シンポジウム 2015

水環境管理 -高度排水処理技術、WET、および生態リスク評価-

共催: 横浜国立大学 国際戦略推進機構
        科学技術振興機構 戦略的国際科学技術協力推進事業「日本-中国研究交流」
       
「効率的排水管理のための毒性評価と毒性削減手法の開発」 プロジェクト

後援 科学技術振興機構(JST), 横浜国立大学 安心・安全の科学教育研究センター

日時 2015年8月3日 (月) 13:00~17:30

会場 横浜情報文化センター 6F 情文ホール
    (横浜市中区日本大通11番地)
    みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口直上
    http://www.idec.or.jp/shisetsu/jouhou/access.php

プログラム(予定。変更はこの欄の更新でお知らせします)日本語←→英語 同時通訳

  開会あいさつ
  長谷部勇一(横浜国立大学長)

  来賓あいさつ
  小島 幸治 (科学技術振興機構 国際科学技術部 部長)

   [招待講演]生態系保全を目指した化学物質管理と排水処理の課題
  楠井隆史(富山県立大学)

  「効率的排水管理のための毒性評価と毒性削減手法の開発」プロジェクトの概要
  益永茂樹(横浜国立大学)

  高度排水処理技術の導入と毒性除去
  全 燮(大連理工大学 化工・環境生命学部)

  Whole Effluent Toxicity (WET)法による工場排水の評価と管理
  鑪迫典久(国立環境研究所 環境リスク研究センター)

  休憩

  ベトナム、ダナン市における水環境管理: 気候変動に向けた課題と挑戦
  Tran Van Quang (ダナン工科大学 環境学科)

  中国の典型的な工場排水に対するWETの適用
  張 瑛(大連理工大学 化工・環境生命学部)

  工場排水処理プラントにおける毒性除去-中国における事例研究
  那 春紅(大連理工大学 化工・環境生命学部)

  生態リスク評価管理技術のアジア展開:AIST-MeRAMの紹介
  林 彬勒(産業技術総合研究所 安全科学研究部門)

  閉会あいさつ
  中村文彦 (横浜国立大学 理事(国際・地域・広報担当)・副学長)

参加申込 (入場無料):

  オンライン申込http://www.ynu.ac.jp/hus/kokusais/13950/detail.html

  電子メール: jpn-chn-sy@ynu.ac.jp
  ファックス: 045-339-4373  
   メール、ファックスで申込の際は、標題に「国際シンポジウム参加希望」と記し、
   本文に出席希望者の氏名、所属、連絡先(メールアドレス、またはファックス番号)を記載してください。

問い合わせ:
   横浜国立大学 環境情報研究院 益永研究室 (電話: 045-339-4352)