HBCD等の製品中残留性化学物質のライフサイクル評価と代替比較に基づく環境リスク低減手法

業績一覧

誌上発表(Refereed)

Miyake Y., Managaki S., Zushi Y., Kobayashi T., Kameya T., Yokoyama Y., Nakai S., Hondo H., Kimura A., Nakarai T., Oka Y., Otani H., Miyake A. and Masunaga S., A comparative study of human health risks posed by a flame retarded curtain with hexabromocyclododecane (HBCD), Organohalogen Compounds, 72, 1613-1616 (2010). PDF

Managaki S., Hondo H., Yokoyama Y., Miyake Y., Kobayashi T., Miyake A., Masunaga S., Comparative study between life-cycle HBCD and CO2 emissions for the risk trade-off analysis, Organohalogen Compounds, 72, 1691-1694 (2010). PDF

Miyake Y, Tang L, Kobayashi T, Kameya T, Managaki S, Masunaga S, Fujimine Y, Horii Y and Amagai T: A Preliminary Study for Combustion of Hexabromocyclododecane (HBCD) and Its By-products (HBCD) and Its By-products, Organohalogen Compounds Vol. 73, 412-415 (2011) PDF

Managaki S, Kobayashi T, Hondo H, Miyake A, Masunaga S: Substance Flow Analysis of HBCD, Considering the Switch to its Alternatives, Organohalogen Compounds Vol. 73, 2063-2066. (2011) PDF

Managaki S, Enomoto I and Masunaga S: Sources and distribution of hexabromocyclododecan es (HBCDs) in Japanese river sediment, Journal of Environmental Monitoring 14[3] 901-907 (2012) DOI:10.1039/c2em10621c  Journal Site

Managaki S, Kobayashi T, Hondo H, Nakarai T, Miyake A, Masunaga S: Exposure of HBCD and its alternative flame retardants based on substance flow analysis, Organohalogen Compounds Vol. 74, 1510-1512 (2012) PDF

Oh JK, Kotani K, Managaki S, Masunaga S: Profile for hexabromocyclododecane and its degradation product in river sediment, Japan and Korea, Organohalogen Compounds Vol. 74, 596-599 (2012) PDF

上田裕之、小林剛、亀屋隆志、高橋ゆかり: 多様な有機化合物の気相を経由した油脂および脂肪性食品への移行経路の重要性のスクリーニング評価, 環境情報科学論文集, Vol. 26, 79-82 (2012)  Journal Site

著書・総説等

真名垣聡:臭素系難燃剤HBCDのライフサイクルを考慮した水環境中への排出経路, 水環境学会誌, 33(5), pp.138-141, (2010)

井上知也, 真名垣聡, 益永茂樹:化学物質ベネフィットの定量 ~臭素系難燃剤の火災リスクとヒト健康リスク, ケミカルエンジニアリング, 55(6), pp.8-13, (2010) Journal Site

小林剛:化学物質のリスク情報基盤と多様なリスク評価の新展開, 環境科学会誌, 23(6), pp.480-483, (2010)

三宅淳巳: 難燃化プラスチックの熱分解影響評価 (第5章7節; 分担執筆),  「難燃剤の最適処方と燃焼試験」, 技術情報協会, p. 531-540 (2011) 出版社Site

真名垣 聡、小谷健輔、益永茂樹: 環境リスクから見た臭素系難燃剤とリン系難燃剤 (第5章7節; 分担執筆), 「難燃剤の最適処方と燃焼試験」, 技術情報協会, p.541-558 (2011) 出版社Site

益永茂樹、小林剛: 環境科学会シンポジウム2012 6.化学物質のライフサイクルを通じたリスク評価の最新研究, 環境科学会誌, 25(6) 456-458 (2012)

学会・講演会発表

Miyake Y., Managaki S., Yokoyama Y., Nakai S., Kataoka T., Nagasawa E., Shimojima M., Masunaga S., Hondo H., Kobayashi T., Kameya T., Kimura A., Nakarai T., Oka Y., Otani H. and Miyake A: Preliminary health risk assessment for hexabromocyclododecane (HBCD) in a flame retarded curtain in Japan, BFR2010, Kyoto, Japan (Apr. 2010) PDF

Inoue T., Managaki S., Masunaga S.: Socio-economic analysis of restriction of brominated flame retardant HBCD use, BFR2010, Kyoto, Japan (Apr. 2010) PDF

Managaki S., Yokoyama Y., Hondo H., Masunaga S.: Analysis of brominated flame retardants from a life-cycle perspective, SETAC Asia/Pacific Annual Meeting 2010, Guangzhou, China, pp.476-477 (June 2010)

益永茂樹,真名垣聡, 本藤祐樹,横山泰一:化学物質のライフサイクルに亘るリスク評価の試み,環境科学会2010年会,東洋大学,pp.130-131 (2010年9月)(招待講演)

酒井実,畠山周作,山田尚弘,小林剛,亀屋隆志,三宅祐一:環境中に排出される多様な化学物質の高懸念曝露シナリオのスクリーニング手法, 環境科学会2010年会,東洋大学, pp.22 (2010年9月)

Miyake Y., Managaki S., Yokoyama Y., Nakai S., Kataoka T., Nagasawa E., Shimojima M., Masunaga S., Hondo H., Kobayashi T., Kameya T., Kimura A., Nakarai T., Oka Y., Otani H. and Miyake A.: A comparative study of human health risks posed by a flame retarded curtain with hexabromocyclododecane (HBCD), Dioxin 2010, San Antonio, U.S.A. (September 2010)

Managaki S., Hondo H., Yokoyama Y., Miyake Y., Kobayashi K., Miyake A., Masunaga S.: Comparative study between life-cycle HBCD and CO2 emissions for the risk trade-off analysis, Dioxin 2010, San Antonio, U.S.A. (September 2010).

小谷健輔, 益永茂樹:臭素系難燃剤とリン系難燃剤のリスク比較の予備的検討, 日本リスク研究学会第23回年次大会講演論文集, Vol. 23, pp.313-318 (2010年11月)

Inoue T., Managaki S., Masunaga S.: Comparison of social cost between brominated flame retardant HBCD and its alternatives, Ecobalance 2010, Tokyo, Japan, pp.9-12 (November 2010)

Managaki S., Yokoyama Y., Masunaga S., Miyake Y., Kobayashi T, Miyake A., Hondo H.: Risk trade-offs between brominated flame retardants and GHG emissions from life cycle perspective; Toward sustainable chemicals assessment, Ecobalance 2010, Tokyo, Japan, pp.493-496 (November 2010)

小林剛, 山田尚弘, 酒井実, 三宅祐一,亀屋隆志,藤江幸一:土壌環境に排出された化学物質の人への高懸念曝露シナリオのスクリーニング手法, 第45回日本水環境学会年会講演集, pp.638 (2011年3月)

Nakarai T., Yoshino S., Nishimaru I., Kutsumi M., Miyake A.: Accident/incident scenarios based on life stages across the complete chemical/product life cycle, 7th Global Congress on Process Safety (GCPS2011), Chicago, U.S.A. (March 2011)

三宅祐一,唐亮,小林剛,亀屋隆志,真名垣聡,益永茂樹,藤峰慶徳,堀井勇一,雨谷敬 史:臭素系難燃剤HBCDの焼却による臭素化多環芳香族炭化水素類の生成調査, 第52回大気環境学会年会,p 525,(2011年9月、長崎)

真名垣聡, 小谷健輔, 小林剛, 本藤祐樹, 半井豊明, 三宅淳巳, 益永茂樹, サブスタンスフロー解析に基づく臭素系難燃剤HBCDの曝露解析, 日本リスク研究学会第24回年次大会, p.65-67 (2011年11月、静岡)

上田裕之, 小林剛, 山田尚弘, 高橋ゆかり, 放射性セシウムを例とした土壌汚染由来の曝露シナリオとリスク評価のための要点整理, 日本リスク研究学会第24回年次大会, p.247-250 (2011年11月、静岡)

三宅祐一,唐亮,小林剛,亀屋隆志,真名垣聡,益永茂樹,藤峰慶徳,堀井勇一,雨谷敬史:臭素系難燃剤HBCDの焼却による臭素化多環芳香族炭化水素類の生成調査, 第52回大気環境学会年会,p 525,(2011年9月、長崎)

真名垣聡, 小谷健輔, 小林剛, 本藤祐樹, 半井豊明, 三宅淳巳, 益永茂樹, サブスタンスフロー解析に基づく臭素系難燃剤HBCDの曝露解析, 日本リスク研究学会第24回年次大会, p.65-67 (2011年11月、静岡)

上田裕之, 小林剛, 山田尚弘, 高橋ゆかり, 放射性セシウムを例とした土壌汚染由来の曝露シナリオとリスク評価のための要点整理, 日本リスク研究学会第24回年次大会, p.247-250 (2011年11月、静岡)

真名垣聡,小林剛,三宅祐一,本藤祐樹,三宅淳巳,益永茂樹:消費者製品中にストックされた臭素系難燃剤HBCDの排出及び曝露分析, 平成23年度室内環境学会学術大会,p. 224-225(2011年12月、静岡)

Kotani K, Managaki S and Masunaga S: A study on alternative risk assessment scheme of frame retardants, Society of Risk analysis 2011 annual meeting, p.129 (December 2011, Charleston, U.S.A ).

Managaki S, Kotani K, Hondo H, Kobayashi T, Miyake A and Masunaga S: Substance flow based risk assessment from a Life-Cycle Perspective for HBCD in Japan, Society of Risk analysis 2011 annual meeting, p.139 (December 2011, Charleston, U.S.A ).

上田裕之、小林剛、山田尚弘、酒井実、高橋ゆかり、亀屋隆志: 土壌汚染に関わる主要な暴露経路と評価手法の整理、第18回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会要旨集 p. 362-367 (2012.6.14-15; 埼玉会館)

Jung-Keun Oh, Satochi Managaki, Shigeki Masunaga: Study on environmental behavior of HBCD and its degradation products in river sediment, Japan, Water and Environment Technology Conference 2012 (WET2012) Program and Abstracts p. 25 (2012.6.29-30; The University of Tokyo, Komaba-II campus)

呉正根,小谷健輔,真名垣聡,益永茂樹:河川底質におけるHBCDとその分解産物の分布、第21回環境化学討論会要旨集(CD版)、p. 340-341 (2012.7.11~13;愛媛県県民文化会館 ひめぎんホール)

真名垣聡:環境規制による動的変化を考慮した臭素系難燃剤HBCDの環境排出予測, 第21回環境化学討論会 ランチョンセミナー(株式会社ウェリントンラボラトリーズジャパン)(2012/7/12 12:00-13:15; 愛媛県県民文化会館)

Managaki S, Kobayashi T, Hondo H, Nakarai T, Miyake A, Masunaga S:  Exposure of HBCD and its alternative flame retardants based on substance flow analysis, 32nd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin 2012) (2012.8.26-31; Cairns, Australia)

Oh JK, Kotani K, Managaki S, Masunaga S: Profile for hexabromocyclododecane and its degradation product in river sediment, Japan and Korea, 32nd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin 2012) (2012.8.26-31; Cairns, Australia)

呉正根、真名垣聡、益永茂樹:日本における河川底質中HBCDの環境動態、環境科学会2012年会要旨集 p. 75 (2012.9.13-14; 横浜国立大学)

小谷健輔、真名垣聡、益永茂樹: 有機リン系難燃剤の有害性予測モデルの開発とリスクトレードオフ解析への適用, 環境科学会2012年会「要旨集 p. 81 (2012.9.13-14; 横浜国立大学) [学会最優秀発表賞

小林剛, 酒井実, 上田裕之, 亀屋隆志, 三宅祐一: リスク評価のための多様な曝露シナリオの評価, 環境科学会2012年会要旨集 p. 154-155 (2012.9.13-14; 横浜国立大学)

吉野悟, 半井豊明, 西丸郁也, 三宅淳巳: フィジカル暴露シナリオに基づくHBCD含有プラスチックのハザード解析, 環境科学会2012年会 (2012.9.13-14; 横浜国立大学)

益永茂樹、本藤祐樹、真名垣聡: 製品中HBCDのライフサイクル評価と代替比較に基づく環境リスク低減, 環境科学会2012年会要旨集 p. 150-151 (2012.9.13-14; 横浜国立大学)

真名垣聡: ライフサイクル視点からの臭素系難燃剤HBCDとその関連化合物の排出分析」, 環境科学会2012年会 (2012.9.13-14; 横浜国立大学)

Toyoaki Nakarai, Satoru Yoshino, Satoshi Managaki, Shigeki Masunaga and Atsumi Miyake: Physical Hazards comparison based on flame gas release for two kinds of polystyrene foams, PSAM 11 & ESREL 2012, Helsinki, Finland, 2012.

真名垣聡、小谷健輔、小林剛、本藤祐樹、半井豊明、三宅淳巳、益永茂樹: 製品中HBCDのライフサイクル評価:物質代替を考慮した環境リスク低減への枠組み, 日本リスク研究学会第25回年次大会講演論文集 p. 292-296 (2012.11.9-11; 滋賀大学彦根キャンパス)

真名垣聡、益永茂樹、小林剛、半井豊明、三宅淳巳、本藤祐樹: 代替比較に基づく難燃剤含有製品の規制影響分析, 第8回日本LCA 学会研究発表会 (2013.3.6-8;立命館大学びわこ・くさつキャンパス)

シンポジウム、セミナーの開催

化学物質のリスク情報基盤と多様なリスク評価の新展開(2010年9月16日、東洋大学、来場約40名)
((社)環境科学会 2010年会で、シンポジウムを企画・運営し、研究成果を発表した。)

平成22年度 横浜国立大学公開講座 「化学物質リスク評価を考える-化審法リスク評価ガイダンス-」
(2010年10月8日~11月19日、全5回、東京国際フォーラム、来場約50名)(製品評価技術基盤機構と協力して実施)

平成23年度 横浜国立大学公開講座
「化学物質のリスク評価を考える-化学物質のリスク評価の動向とリスク情報活用・コミュニケーション」
(2011年11月11日~12月6日、全3回、東京国際フォーラム、来場約60名)(製品評価技術基盤機構と協力して実施)

化学物質のライフサイクルを通じたリスク評価の最新研究(2012年9月14日、横浜国立大学)
((社)環境科学会 2012年会で、シンポジウムを企画・運営し、研究成果を発表した。)

「難燃剤とその代替物質のリスク」に関するワークショップ (2013年3月21日、東京国際フォーラム)